アエラホーム 坪単価

無料!アエラホームやその他ハウスメーカーの資料がもらえます♪

近年、耐震性能に優れた住宅への関心が高まっています。

 

 

 

それに応えるようにアエラホームでは、外張断熱工法を採用した高気密・高断熱住宅に制振システムを搭載した『トレスティー』という商品が用意されています。

 

 

 

2014年から販売が開始したトレスティーですが、耐震・制振壁「K-ブレース」が標準で搭載されており、このトレスティーで建てる場合の坪単価や価格帯も気がかりだと思います。

 

 

 

全国展開されているアエラホームでは、以前はローコスト住宅を売りにされていました。
ですが、アエラホームは建築構造がわりとしっかりとしており、他のローコスト系のメーカーと比較するとコストパフォーマンスも良く、現在は低価格路線ではないといった意見も多く見受けられます。

 

 

 

 

まずは、アエラホームの主力商品であるクラージュの坪単価を調べてみたところ、50万円程度〜が目安となっていることが分かりました。

 

 

 

 

ただし、このクラージュで満足のいく家を建てようとした場合には、坪単価50万円では厳しいという意見もありますので、あくまで坪単価は目安程度とお考え下さい。

 

 

 

 

さて、このトレスティーの坪単価に関しては、あまり参考になるような情報が見当たらなかったのですが、以前より価格が高くなったことや、耐震性能が優れていることを考慮すると、最低でも坪単価50万〜60万円といったところでしょうか。

 

 

 

 

やはり、性能の高さを追求すると建築コストや坪単価はどうしても割高傾向にあります。

 

 

 

アエラホームの坪単価と値引きのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2017/05/08 21:05:08

アエラホームの主力商品であるクラージュは、高気密・高断熱住宅に定評がありますが、そのクラージュに太陽光発電システムを搭載した『ZEROクラージュ』。

 

 

 

高気密・高断熱住宅に加え、太陽光発電システムを搭載しているため、一般住宅と比較すると消費する電気量が削減されますし、売却できる電気が増え、光熱費ゼロ住宅も実現可能となっています。

 

 

 

光熱費ゼロ住宅ということで、アエラホームのZeroクラージュはとても魅力的ですが、
Zeroクラージュで新築をご検討されている方は、坪単価や建築費用が気になるのではないかと思います。

 

 

 

一般的に光熱費ゼロ住宅の仕様で建てる場合は、省エネ性を高めるために建物の性能を求めなければなりませんし、創エネ性を高めるために太陽光発電システムを設置する必要があり、初期の導入費用にお金がかかると言われています。

 

 

 

アエラホームのZeroクラージュの坪単価を調べてみると、
延べ床37坪、付帯工事、屋外給排水工事、ZEH申請などを含み合計約2350万円という書き込みがありました。

 

 

 

 

このZeroクラージュの坪単価は約64万円という計算になります。

 

 

 

 

どうでしょうか。

 

 

 

 

 

アエラホームでは低価格路線で展開されていましたが、現在はそこまで安くないという情報もあり、主力商品のクラージュで建てる場合の坪単価の目安としては、50万円前後〜となっているようです。

 

 

 

 

 

Zeroクラージュの場合は、光熱費ゼロ住宅を実現させるために、この坪単価よりはやや高めになってしまうようですね。

 

 

 

アエラホームの坪単価と値引きのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2017/05/08 21:03:08

マイホームを建てるとなると、どのハウジングメーカーにするか、というのとあわせて、どういった商品にするか、どの商品タイプにするか、というのでも、だいぶ違いがでてきます。そのため、そういった詳細についても検討していくようになります。

 

 

大手ハウジングメーカーだと、商品の名前がゴージャスだったりして安心感もありますが、他の知名度があまり高くないハウジングメーカであっても、魅力的な商品を出していたりします。そのため、家を建てようと思ったときには、たとえば、大手ハウジングメーカーの名前だけで、決めてしまわないように注意しましょう。

 

 

 

アエラホームなどは、基本的に価格が低いローコストハウジングメーカーというカテゴリーに入りますが、それだけではない魅力的な商品を出していたりします。

 

 

実際、最近は、「エコ」というキーワードがローコストハウジングメーカーであったとしても、一つのオプションというだけではなく、外せない要素になってきているようです。

 

 

こういったところを、このアエラホームも認識しているようです。そのため、アエラホームでは、ローコストでありながら、外張断熱を採用した「クラージュプラス」という商品を出しています。

 

 

このアエラホームの「クラージュプラス」ですが、次世代省エネ基準の家でありながら、基本坪単価が26万円ということになっています。

 

 

もともと、坪単価20万円台の家、というのが、アエラホームの売りですが、これを、高気密・高断熱住宅についても実施しているというのは、実際おどろきの坪単価だといえると思います。

 

 

最高水準の外張断熱 高気密・高断熱・高遮熱住宅、夏涼冬暖の家ということが「クラージュプラス」の性能です。この性能と同じような性能を、大手ハウジングメーカーで探したとしたら、かなりの高額な商品となってくるでしょう。

 

 

アエラホーム基本坪単価26.0万円で次世代省エネ基準を満たせるという、クラージュプラスは、検討する価値のある坪単価だといえます。

 

 

 

アエラホームの坪単価と値引きのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2014/10/30 10:58:30

マイホームを建てるとなると、どのハウジングメーカーにするか、という事にまず目が行ってしまいがちですが、どういった商品にするか、どの商品タイプにするかといった詳細についてもきちんと見た上で、検討していくようにしましょう。

 

 

大手ハウジングメーカーだとどういった家を作っているかというのも、なんとなく知っていたりしますが、他の小さなハウジングメーカーや、知名度があまり高くないハウジングメーカであった場合、あまり知らない場合もあります。

 

 

しかし、こういったハウジングメーカーも魅力的な商品を出していたりしますので、家を建てようと思ったときには、たとえば、アエラホームなどといった、基本的に価格が低いローコストハウジングメーカーというカテゴリーに入るところも、その商品をチェックしてみるとよいでしょう。

 

 

たとえば、アエラホームが出している商品の中の、コスパスですが、これは、コストパフォーマンスの良さが売りとなっています。アエラホームの標準としては、価格帯としても、坪単価が、だいたい30万円前後、安いものは20万円台というような、ローコストになっています。

 

 

もともとのアエラホームの住宅商品の特徴として、ローコストというのがありますが、それに加えて、健康に配慮した家、そして人にも優しいバリアフリーに対応した住まいという形になっています。これが、アエラホームのコスパスです。

 

 

そしてさらに、太陽光発電(自然エネルギー)に対応しているということで、エネルギーのコストパフォーマンスのよい、エコな家というのを実現しているのです。

 

 

このコスパスの坪単価ですが、コスパス自体が、夫婦の家から、二世帯まで対応できるということで、その作り方によっても違ってきますが、だいたい、最終の支払単価としてみると、坪単価40万円台を見ておけばよいのではないかと思います。

 

 

こういった仕様でこの単価というのは、かなりポイントが高いものとなってくるといえそうです。

 

 

 

アエラホームの坪単価と値引きのTOPへ戻る

続きを読む≫ 2014/10/30 10:56:30

家を建てるなら、できれば平屋で、と考える人もいるのではないでしょうか。平屋というのはやはり住みやすさの面でも利点が多いということがいえますし、マイホームでは平屋、という憧れを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

 

こういった平屋ですが、なかなか手が届かないというところもあり、人気がちょっと落ちた時期もあったようです。

 

 

ローコストで家を建てることが人気だった時期には、平屋はやはり人気がさがっていたともいわれます。しかし、最近は平屋をプランとしているハウジングメーカーも増えてきており、平屋というのはやはり住みやすさの面でも利点が多いということがいえるのでしょう。

 

 

そして、最近は、平屋をあつかうハウジングメーカーにも、差別化がでてきました。かつては、平屋というとい、大手ハウジングメーカーで、かなり高い商品というイメージもありました。しかし、ローコストを売りにしているハウジングメーカー、たとえばアエラホームなども、平屋の家を提供しています。

 

 

実際、平屋というのは、基本的には割高になるところはあります。しかし、アエラホームの商品では一つのプランにおいても、平屋から三階建てまで対応していたりします。

 

 

もともと、アエラホームの提供する家は、坪単価が安くなっています。一番安い単価のレンジだと、坪あたり20万円台から、というのも、可能だったりします。

 

 

もちろん、平屋にあたっては、単価が高くなるものです。というのも、これはアエラホームに限ったことではありませんが、2階建よりも平屋の方が屋根や基礎の面積が必要となり、その分高くなってしまうのです。とはいえ、もとのベースが安いアエラホームですから、平屋を検討してみるのも意味があるといえそうです。

 

 

大手では無理そうだとあきらめていた平屋が、手が届く範囲ということも、十分考えられます。こういったローコストなハウジングメーカーで、平屋を検討するのもおすすめできるといえます。

 

 

■大手ハウスメーカー関連サイト

 

一条工務店 坪単価

続きを読む≫ 2014/10/30 10:55:30

家を建てるにあたっては、予算というものがありますので、価格というの大事なポイントになってきます。ローコストハウジングメーカーというのもあり、坪単価が抑えられるマイホームづくりも可能になってきました。

 

 

とはいっても、いくらでもかけられるという訳ではありません。そうなると、値引きというのは重要なポイントになってきます。たくさんのハウジングメーカーの中から選ぶ際、価格が高いけれど、これは譲れないといったときには、値引きにも期待したいところです。

 

 

値引きをどれくらい期待できるかというのは、ハウジングメーカーによってけっこう違いがあります。たとえば、アエラホームにおいては、口コミなどでも、ばらつきがあるようです。ローコストハウジングメーカーとして知られているアエラホームですが、実際、価格のわりにはよい建材を使っているということで、評判も高くなっています。そのため、ただ営業手段として値引きをするには、原価が高いということがあるのかもしれません。

 

 

なので、あまり価格だけをみて、値引きをお願いしすぎると、最終的な仕上がりの面で残念なことにもなりかねません。アエラホームの営業さんについては、あまりスキルが追い付いていないというような評価も有りますので、こちら側も気をつけて交渉することが必要かもしれません。

 

 

そういった際、たとえば、一律値引きをお願いするのではなく、ガス・水道管などの破断も防ぐような免震仕様にこだわりたいということでれば、標準よりも高いアエラの免震住宅を選び、そこから値引きをお願いする、というような交渉は、有効かもしれません。こちらの予算を伝えた上で、値下げを交渉するということが有効かといえます。

 

 

夢のマイホームを建てるわけですから、ハウジングメーカーをただ、一律に表示されている値段で選ぶわけにはいきませんし、自分が住む家を作るところを選ぶのですから、自分の理想にあったものを選びたいものです。

 

 

 

また値引き交渉のポイントは他社と迷っていますと営業マンに伝える事です。

 

 

 

比較するのに最適はハウスメーカーはこちら→アイフルホーム 坪単価

続きを読む≫ 2014/10/30 10:54:30

マイホームを建てるにあたっては、建てるハウジングメーカーの評判というのも大事です。評判によっては、施工内容が良くても、アフターケアがいまいちだったり、というようなことがあったりします。

 

 

とくに、新しいハウジングメーカーだと、一般的な知名度があまりなかったりする分、評判というのが気になってきます。大手であれば、一定の評価もありますが、その分値段も高くなってきます。

 

 

そうなると、新規のハウジングメーカーのほうの価格などに魅力を感じてきますが、そういった際には、そのハウジングメーカーの実力だったり、実際の評判というのも知らべて置くことが大事だちおえます。

 

 

こういった評判は、かつては人づてに聞いたりするくらいでしたが、今ではインターネットの情報などを集めることでも、いろいろとわかってきたりします。

 

 

こういった中で、比較的新しいハウジングメーカー、アエラホームの評判なのですが、良い点と、悪い点とが、やはりあるといえます。ローコストハウジングメーカーといえるアエラホームですが、このアエラホームの評判で意外に好評なのが、建物の出来ということになっています。

 

 

価格に対して、建物自体の評価が高いというのは、とてもいいポイントになってくるといえるでしょう。

 

 

実際、価格が安い割に、標準でついている仕様が充実していたり、使われている資材がいいという点などが評価されているようです。

 

 

また、住宅の基本性能である構造や耐久性などについても、アエラホームでは、住宅性能表示制度の最高等級を取得できる仕様になっていますので、こういった点も評判のよいところです。

 

 

ただ、悪い点としては、アエラホームの営業に対する評判があげられるでしょう。他のハウスメーカーと比較した場合などに、アエラホームにおいては、営業が残念だったというようなケースも見られるようです。

 

 

こういった営業の対応というのは、地方や担当によってばらつきがある場合というのもありますが、注意が必要だといえるでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2014/10/30 10:40:30